FC2ブログ


私情により長くログインしておりませんで、こちらもほったらかしになってしまっておりました。
最後の記事はもう1年以上前になるので、このブログを見ていただいてた方でももうFF11から離れてしまったという方や最近見つけて見ていただけたっていう方などもいらっしゃるかと思います。

FF11は僕にとってとても大切なゲームで、「11は遊びじゃないんだよ」なんて迷言もありましたがあながち間違いではなかったのかなと思えるくらい特別な時間をたくさんの人と過ごす事ができました。FF11をやってなかったら絶対に出会えなかった人ばかりでしたし、だからこそここでしか味わえなかった体験ができたんだとお思います。

一緒に遊んでくれた方やFF11の開発運営の方など、全ての人に感謝しています。
本当にありがとうございます。

現在はプライベートの方も少し落ち着いてきて、以前遊んでいたFF14の方に復帰して遊んでおります。ガルーダサーバーで休止したパッチ3.3辺りからゆるゆると再開しはじめました。また完全に浦島太郎状態で全て忘れていたのと実況にも興味があったので新規キャラでストーリーを思い返すべく雑談しながら最初からもプレイしたりしています。

ここだから書ける事ですが、正直なところ14は望んだ世界とは大きく異なるもので現在もそれは変わっていないようです。11プレイヤーがよく言う「これじゃない感」というのを復帰して改めて強く感じました。
ただ、それでもたくさんの人がいて11であったようなここでしか得られない出会いも多くあります。

14に復帰しても尚、帰りたいと思うのはグリダニアではなくサンドリアでした。時々アトルガンの曲を聴くと思わず聴き入ってしまったりもします。

なんだか話の矛先を見失っていますが、きっと平常運転です(笑)

ということで、何を書きたかったかというとFF11と11で出会えた人にありがとうという事です。現在もプレイされている方も多いと思いますが、陰ながらヴァナライフを応援しております。

そしてもしエオルゼアの方にくる事があったら、一緒に冒険しましょう!(私も新規でやってますので14用のTwitterからコンタクトいただけたらと思います。14用ブログはこちらから。)

ほったらかしになってしまっておりましたブログですが、一応ここで一つの区切りとして閉じさせていただこうと思います。最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。攻略情報などあるのでブログはこのまま残させていただこうと思います。奇跡的に何かの参考になれば幸いです。

have a nice vana life*
スポンサーサイト




Ironside @ FF11用語辞典

ジョブ
学/黒

フェイス
星の神子
オーグスト
ヨランオラン
アムチュチュ
チェルキキ

食べ物
ペアクレープ

持ち物
なし

トリガー

MEMO
醴泉島135、1匹目は鉄巨人。というか、ルオンもそうですがトリガーがソロでは取れない(突入すらできない)アホ仕様なため、なかなか挑戦する機会がなかったのですが、先日フレンド様とインカージョンに行く機会があった時に取れたものが余っていたので突撃してきました。

精霊のほうが安全&楽だと思い今回は学者で挑戦。連環計の練習も兼ねてやりましたがおそらくSPアビなしで震天してるだけも大丈夫だと思います。

前方範囲技があるので盾フェイス2体でNMを挟むように配置してスタート。

雷が通りやすく闇も通るようなので、いつものように収縮を作ってMBメルトン後もう一度収縮で闇門II。その後、陣を雷に変えて衝撃を作ってMBサンダー。連環計が切れそうなところでまた陣をはり直してMBメルトン。ここまで7,8割削れたのであとはスリップを眺めながら雷をペシペシと。

範囲技が多く青で殴りだとなかなか厳しそうですが、できないこともないようなのでやってみたいところですが、トリガーが・・・。インカージョンやメナスもソロで突入可にしてくれるか、箱を競売なりエミネンスなり別の形で入手可能にしてくれるかくらいはしてほしいところです。

Fau170624162247a.jpg 



前回からまたまたしばらく間があいちゃいましたが、AFクエストを終えた私とカゲキヨはもくもくとレベルを上げまくる毎日でした。

Fau170306144220a.jpg 

せっかくのレベル上げなのでいろんなところでやりたくって、山越え谷越え(?)空へ行ったり海へ行ったり。経験値がバカスカ入ってくるので特にマトンのスキルは驚きの白さのままですが、少しずつレベルアップしてゆきまして。

Fau170307112146a.jpg 

レリック装束(パンタンシリーズ)も着れるように。マトンも白魔頭と黒魔頭をつくっていただきました。(ファイアを渡してしまったので受取までにものすごく時間がかかりました・・・。魔法頭は今でもリアル0時またぎx数回必要なのでこれから作られる方はちょっと注意です。>>>フレームの選択

Fau170309154906a.jpg 

そんなこんなでLv.90台に突入。〆はやっぱりいつものウサギさん。レベル上げの時はほとんどメネジンに盾をしてもらって、カゲキヨは射撃か魔法戦でスキルが上がることを期待しながらやっておりました。(結局未だに真っ白ですがw)

Fau170316112220a.jpg

そんなこんなでレベルも99になることができて、でもスキル真っ白じゃいかんということで、またいつものケイザックの貝のところへ。フェイスに見守られながらせっせこスキル上げするカゲキヨ様。射撃と魔法も上げようとするととんでもなく時間がかかりそうなので、とりあえず白兵で必要な近接攻撃のスキルを400ちょいまで上げました。
(完全に放置してしまうとマトンが落ちちゃってたので、光水風マニュだけ入れてあげてやってました。)

Fau170319165445a.jpg

当面白兵戦のみでやってこうと思うんでステータス面ではあまり出番ないかもですが、エンピも一通りゲットしてきました。この見た目がすごく好きだったんですが、以前はアビセア初期で止めてしまったんで復帰して初めて全身着ることができました。いやはや、怪しさ満点です(笑)

FFXIV160522.jpg

全然関係ないですが、14のほうの学者は11のからくりを参考にしてミラプリしてました。帽子はほとんど同じ形のがあったのであとはそれっぽいやつをw


と、いつの記事だよってくらい時間がたってしまいましたが、からくり士満喫しております。今は装備も少しずつ集まってきて、メナスインスペクターのNM(地上)と戦ったりオートマトンソロで空の四神と戦ったりして遊んでおります。次の目標は海、アブソルートバーチューとかでしょうか!?果たして私のポンコツマトンが削りきれるのかっ!?


と、この文すらいつの記事だよ状態で、最近は一寸青に本腰いれて取り組んでおりましてからくり活動はメナスだけになっちゃっておりますが、時間を見つけてからくりでも遊んでいきたいと思います。
(青活動についてはいつになるかわかりませんが、また後日記事にしようと思います。)




Plaquevein Bats @ FF11用語辞典

ジョブ
か/戦(白兵)

フェイス
クルタダ
ウルミア
シャントットII
コルモル
ヨランオラン

食べ物
なし

持ち物
なし

トリガー
紫電の欠片II (Lapiniontrap, Vinelash Vulture)

MEMO
マリアミ2匹目は赤いコウモリNM。

3匹コウモリが3組合体して9匹の群れで1匹扱いになってます。3回同時にいっせいに技を使ってくるので、運悪くジェットストリームx3などだと大ダメージになるみたいです。!!をつけば1編隊減って技なども変わってくるようですがよくわかりませんでした。

肝心のジェットストリームですが、カゲキヨ様がとっても固くて1発150程度だったので例え3つ重なってしまったとしても痛くも痒くもなく、エア友と一緒にゴリゴリ削って勝利。物理で単体攻撃が痛い系の敵にはまだまだマトン盾でいけそうです。

Fau170324134419a.jpg 




早速少し間のあいてしまったからくり日誌その2でございます。

日記は全然書いておりませんでしたが、時々マトンとは戯れてました。レベルが上がるのが早すぎて、逆に昔よりレベル上げの作業感が増して感じられる昨今ですが、マトンがいればなんてことはありません。むしろマトンのスキルが驚きの白さで心配になります。

そんなこんなで3つのフレームをゲットいたしました。

maton3.jpg

魔法戦マトン。昔一番よく使ってたヤーツ。

maton2.jpg

こいつの射撃スキルがぁーーー白すぎる!でも可愛いので許す。

maton1.jpg

最近めっぽう強くなって活躍しまくりと噂の白兵戦マトン。しばらくは出番なさそうだけど、そのうちその強さを見せてくれー。

等身大のブリキのおもちゃみたいなのがあれば買いたいです。ラブリー。


※今更感もありますが、からくり士AFクエストの壮絶なネタバレ記事になりますので、もしまだやられていなくて自分でやりたいって人はブラウザバックをお願いします。


さて、レベルも上がってAFクエストを受けられるようになったので、早速白門へ。

Fau170224152849a.jpg 

どうやら、(エルメスの尻ガン見してる間に)このタルタルからくり士のマトンが盗まれたらしい。探すの手伝ってあげようということに。

Fau170224153718a.jpg 

見つけた見つけた!けれど、なんだか様子がおかしい・・・?
どうやらエリザベス(マトン)は自分の主が鬱陶しいお年頃だったようで、盗まれたことを喜び、盗んだハゲをアゴでこき使い悠々自適な生活を送っている様子。

そうとも知らず主のタルタルはマトンを取り戻すべく策をねってナシュモで茶会を開くのだが・・・。

Fau170224155538a.jpg 

「キモいから名前で呼ぶな」とあしらわれる始末。

Fau170224161143a.jpg

マトン曰く「今のまま自分ひとりでやっていける。マスターなんかいらない。」
何も返せない主。すれ違う二人。

どうすればいいかわからず、からくり士のボスなら何か知恵をくれるんじゃないかと、バストゥークへ。

Fau170225091741a.jpg 

からくり士にとって大切なものはすでにイルキワラキは持っている、が本人が自分で気づかなければ駄目だ、とのこと。

ハゲの案で、マトンに一人で芸をさせたらきっと何もできないから一人じゃ駄目だってわからせられるのでは、とのこと。

Fau170225095445a.jpg 

予想外のお客(キキルン)に何を見せれば喜んでもらえるかわからず困惑するマトン。
「なんだ、何もできないポンコツかー。」罵声を浴びせるキキルン。

そんなマトンを見て主であるイルキワラキは、
「マトンが成長するのが嬉しくてからくり士を続けてるんだ。自分は何もできないけれど、誰にもマトンが何もできないなんて言わせない!」

Fau170225095821a.jpg 

仲直りした二人は改めてキキルンにパフォーマンスしてみせて、無事ショーは成功に終わったのでした。

めでたしめでたし。パチパチ。


要約するとこんな内容のクエストでした。
要約してしまったので感動もクソもないかもしれませんが、マトンありきなジョブバランスも相まって面白かったです。
最後の「何もできないなんて言わせない」はてっきりイルキワラキが自分のことをそう言うのかと思いきや、マトンが何もできないなんて言わせないだなんて。愛ですねー。

私のマトンはまだまだスキルも真っ白で、白黒頭もまだ取りに行っていないポンコツですが、これからもちょこちょこ遊んでいこうと思います。からくりでNM狩りとかかなり楽しそうなんでいつかやりたいなー。



つづく。





最新記事